スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EA運用始めました

 またまた体調を崩してしまい久しぶりの記事更新です。

 体調は完全ではないので、主力取引は、ほぼお休み状態で、今は、EAを使って遊びで運用しています。といってもEAなので、たまに動作を確認しているだけです。

 ロジックがわからないEAを購入することは、基本的に考えていなかったのですが、先日の日本国債の格下げの時などに、自動で売買してくれたらいいなあと感じることはありました。為替が大きく動けば、株式市場とかも動くので、為替まで手がまわらないこともしばしばでした。

 そこで、休んでいる間に、EAを調べました。条件は、
 ①売りのみ、買いのみ設定が出来ること
 ②ナンピン?(本人はその意思はないですが)の幅が設定できること
 ③利確の幅が設定できること
 ④ロスカットが設定できること
 ⑤ナンピン?の際のロットサイズが設定できること
 ⑥使用できる通貨ペアに制限がないこと
 ⑦ナンピン?の回数が設定できること

などなど

 結果、いいものが見つかりました。その名も、Forex Hacked。

 市場で、ミスプライスが発生していると判断したら、これを使ってみます。

 ここから先が、今日のブログの主題。

 上記が、EA購入の主目的だったのですが、デモ口座でいろいろとテストしてみるとなかなか面白い動きをすることに気が付きました(このあたりは後日書きます)。

 これは、結構使えるかも?ということで、設定を変更して、リアル口座で(お遊び)運用を開始しました。
 稼いでくれるのか?破綻するのか?楽しみです。

 適度なリスクは人生を豊にする。みたいなことを誰か言ってました(リンドバーグだったかな)。

 最大投入資金 EA購入費を含めて、100万円。これがなくなれば終了。

 Forex Hacked(15,000円程度)
 当初投入資金 1,000ドル(破綻すれば、1000ドル入れます。2000ドルを超えた分は出金予定)
 使用口座 FXDD 
 運用通貨ペア 8種類

 Forex Hacked自体、ナンピン型のEAですので、当然、破綻の危険があります。そこで、トレンドフォロー型のEAも探してきました。

 その名も、Forex Growth Bot !

 EURUSDのみの対応ですが、大きなトレンドが出た時に、Forex Hackedの損失の一部を埋めてくれるのでは?との期待です。
 
 Forex Growth Bot(5,000円程度) 
 
 当初投入資金 1,000ドル(破綻すれば、1000ドル入れます。2000ドルを超えた分は出金予定)
 使用口座 FXDD 
 運用通貨ペア 1種類

 2月21日から運用を開始しました。ただ、FGBの方は、ライセンス認証に手間取り、3月4日からの運用開始になりました。

 3月4日までの成績は
 FH  +629.71ドル(本人も驚きです。当然、逆もありなのでしょうが)
 FGB + 23.13ドル

いづれも含み損益を込みです。

 滑り出しは好調です。これから、適時EAの運用報告を始めようと思います。また、儲かってくれば、毛色の異なるEAを追加しようと思います。
スポンサーサイト

Forex Hackedの面白さ

 現在、運用中のForex Hacked(FH)ですが、なかなか面白い動きをします。

 最初、デモで動かした時は、使い物にならん!と思ったのですが・・・。

 ロジックはわかってないので、経験則でしかありませんが、

 ①FHは稼動させるとすぐにポジションをとります。その後、最初とったポジションと逆に動くと、すぐに逆のポジションをとって両建てになります(←使い物にならん!と思ったところです)。

 例えば、ドル円を82.00円で1単位買ったとすると、相場が81.90あたりで売りを1単位入れてくるわけです。ここだけ見ると10pipsのロス確定です。(ふざけるな!と思いました。)

 ②しかし、この先の動きを見ていくとなかなか面白い。仮に、ナンピン幅50pips、利確幅50pipsという設定だとすると、先ほどの例で、レートが82.50までくると最初の買いが利確されるわけですが、その前に、82.40でナンピン売りが入ります(例えば2単位。設定によります)。この時点で売りの利確ポイントは、81.90に変わっています。このことは、直近の安値以上のポイントに利確ポイントが変わったことを意味します。

 ③82.50からさらにレートが上昇すると、すぐに1単位の買いが入ります(例えば82.60)。これにより一直線の上昇に対してすくなからずヘッジされます(実質的に売りは2単位になる)。

 ④レートがさらに上昇すると、82.90で2回目のナンピン(例えば4単位。利確ポイントは82.40)。83.10で82.60で買った分が利確。さらに上昇すると、また、1単位の買いです(実質的には6単位の売り)。

 ⑤そこかで、ナンピンポイントから50pips下がってくれれば、売りは決済されます。その後、さらに下がれば、1単位の売りが入りますが、下がる過程で、買いのナンピンが入りますので(例えば、2単位)、売りを決済した時は、その後の1単位の売りを考慮しても買いポジションが多くなり(実質的に買い2単位)、逆の場合は売りポジションが多くなります。

 ⑥売りが利確出来なかったとしても、下落の過程で買いのナンピンが入る(売りの利確より先に入ります)。ので部分的にヘッジされる。


 わかりにくい説明で申し訳ありませんが、要は、

 ⑦最初の、両建ては、稼動開始時のイレギュラーなポジションで、それ以後は、売り買いどちらかのポジションが多くなっている(設定にもよりますが)。

 ⑧一直線の相場変動に対しても、少しだけ耐性がある。

 ⑨設定したナンピン回数の間に、ある程度上下してくれれば、トレンドに追従できる。


 ⑥、⑧、⑨が面白いと感じたところです。

 うまく行けば、結構爆発力のあるEAだと思います。

 とは言え、上下動が少なく一方向に相場動けば、破綻するEAであることは間違いありません。

 決して、推奨しているわけではありません。あくまでもお遊びです。
 

Forex Growth Bot

 金曜日、月曜日と買いエントリーがありました。製作者のHPで公開されているのとは異なります。ブローカーの違いのため?なのか原因はわかりません(製作者よりも成績は悪い)。

 それはそれとして、ブレイクアウト型のエントリーでしたので、Forex Hackedのヘッジとして機能しそうなので、このまま運用を継続します。

 現在、EURUSD以外のブレイクアウト型のEAを探しています。

発想の転換?

 先日から運用しているEAのFHですが、順調に利益を伸ばしています。しかし、このEAバックテストをやってみても年に1、2度破綻します(資金量、設定にもよります)。

 普通なら、破綻しないように設定するのですが、破綻する設定の利益率が高かった(元本2,000ドルに対して、月間30~50%の利回)ので、発想を変えてみました。

 最初から、破綻は覚悟。毎週2000ドルを超えた分は口座から出金しておき、破綻するまでに2,000ドル以上稼げるかどうかの勝負です。

 すなわち、個々の取引では1勝とは考えず、2,000ドルを出金できてはじめて1勝です。2~3ヶ月で1勝=年間3勝 年1、2度破綻=2敗で年利100%という計算です(あまい計算ですね)。

EA週間成績

 EAは今週も順調に利益を伸ばしました。

 3/7~3/11
 FH  +402.75ドル(今年度累計 +1032.46ドル)(含み損益込み)
 FGB +31.09ドル (今年度累計 +  54.22ドル)(含み損益込み)

 FHは確定益は、1257.42ドルなので来週257.42出金します。
 当初1000ドルからスタートしたので、1000ドル追加で入金し、利益1000ドルを出金したと擬制して、当初元本2,000ドル、プール金1257.42ドル。あと、742.58ドル確定益をだせば1勝です。

 FGBの方は1000ドルスタート。多くは期待していません。FHの補完です。

 

破綻

 FH(Forex Hacked)、今朝6時過ぎに破綻しました。

 このこと自体は想定していたのでいいのですが、問題は、証拠金が足りなくなっているのに、なかなか決済されないことでした。

 朝、PCを見てみると、余剰証拠金 -1500ドル!になっていました。しかも、まだ、一部、ポジションが残っていました。手動で決済せず、どこで決済されるか眺めていたら、5分ほどして全て決済されました。

 最終は、証拠金残高 -242.82ドル

 破綻する時は、ポジションを保有するための証拠金が500~700ドルはあるので、破綻しても500ドルぐらいは残ると予想していたのですが、700ドルぐらいは余計な損失を被った気分です。

 早速、2,250ドル入金して運用再開しました。

 幸先悪く負けスタート 0勝1敗 です。

 ここまでの合計の損益は、約ー1,000ドルです。

破綻の原因はドル円だったので、FGBは起動せずです。

 不幸中の幸いは、異業社での両建て取引の一方がロスカットされていましたが、1円以上有利な価格でポジションを取り直すことができました。

 同業者両建ては、当然、ピクリともしません。

EA週間成績

 今週は、早速FHが破綻しました。

 実は、昨日も破綻の危機にありました。余剰証拠金500ドル程度まで追い込まれましたが、介入効果は続かず今朝は通常状態(含み損100~500)に戻っていました。

 FHの設定は、1通貨ペア最大で20万通貨程度ポジションを持ちます。これに対して証拠金が2000ドルですから、最大ポジションを持ったところから、少し反対に動くと破綻するようなハイリスク設定です。しかも8通貨ペア同時に動いていますから、超々ハイリスクと言っていいかもしれません。稼ぎが早いか、破綻が早いか時間との勝負です。
 本来は、5000ドル程度で運用すればいいのかもしれませんが、今回のケースですと、5000ドルでも破綻していますので(10000ドルでも危なかった)、2000ドルであったことは逆に良かったことになります。

 破綻時 -2242.82ドル
 破綻後 + 163.07ドル

 2000ドル 超過分は、利益プールを取り崩し 破綻後のの利益は出金します。

 累計損益 -2000ドル(0勝1敗)
 プール金  1177.67ドル(プール金が2000になれば1勝)

 FGB -47.35ドル(累計+6.87ドル)

 しばらくは、EAの記事を続けます。

 良いEAが紹介できればいいのですが。

 他の記事は?と言われそうですが、体調悪く勉強する時間が確保できないのでしばらく休止です。

取引させないのなら証券業やめなさい!

 震災のあと、オプション取引の締め出しに遭っている。ひまわり証券をはじめ、多くの証券会社が証拠金以上の損失を出した投資家から資金を回収できず数十億円の損失を被った模様です。だからといって、オプション取引を停止するとは何事ですか!ボラタリティが低い間は、散々取引を煽っておいて・・・顧客無視も甚だしい限りです。
 破綻した投資家はリスク管理ができていなかったことは、言うまでもありませんが、証券会社もリスク管理ができていなかったというべきでしょう。リスク管理ができずに、顧客に迷惑をかけるぐらいなら、証券業やめてください。
 リスク管理ができていなかったつけを、リスク管理を適正に行っていた投資家に付け廻してもらっては困ります。取引できないということが、投資家にとって最もハイリスクであるということがわかっていません。
 もし、取引を停止するなら、証券会社の責任で取引できる他社を見つけてきて、ポジションを移行させる必要があるでしょう。当然、それに拘る費用は証券会社が負担すべきです。

 今週は、ホント疲れました。ポジションを移したら、また、取引停止、また、移行の繰り返しでした。移行の度に手数料だけが消えていきました。何故、私が手数料を払わなければいけないのか納得できません。リスク管理を怠ったのはあなたがたですよ!

 あれだけ、ボラタリティが上ったのに、ポジション移行に追われて、オプションをショートする最大のチャンスを逃してしまいました。

 悪い時には、悪いことが重なります。

 先日から運用しているEAですが、設定を変更した際にロット数を間違えて入力してしまったようです。今日の朝、見てみると破綻寸前です。1000通貨単位を10000通貨単位でやればすぐ破綻します。最悪。

 EAの報告は次回にします。
 
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。