スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HKDのドルペッグ制

 月曜日の朝にUSD/HKDを7.7502で買い増しました。さすがに7.7500にはなりませんでした。前回は少し舌っ足らずだったのですが、HKDは、1USD=7.75~7.85HKDで固定されています。現在は、下限の7.75に限りなく近く、さらに、ドルを買うことで僅かですがスワップも貰えますので(一部の業者ではスワップはマイナス)、この水準でのドル買いは、利幅は大したことはありませんが、極めて勝てる可能性が高い状況です。政策的に為替相場に歪みが生じている状況です。
 アジア金融危機当時の知識なので、今は異なっているかもしれませんが、HKDは少し変わったドルペッグ制で、金本位制ならぬドル本位制のような通貨制度です。要するに、7.8HKDあればいつでも1USDと交換できる、言い換えれば、市中に出回っているHKDの7.8分の1のUSDを香港政府?は保有しています。
 定かではありませんが、アジア通貨危機の時、ヘッジファンドがアジア通貨売りを仕掛けたとされますが、タイや韓国では成功していると思いますが、香港に対しては失敗しているとおもわれます。香港の通貨制度を熟知していなかったことが主因ではないでしょうか。HKDに売りを仕掛けた場合、上記の理由により、HKDの流通量には限りがありますので、HKDの調達が困難になる、ないしは、調達金利が莫大なものになってしまうのです。
 現在のレートおよびスワップは投資家にとって、非常に魅力的なものですが、あまりにも大量のUSD買いのポジションを持てば、香港の通貨制度から考えれば、業者はポジションをカバーするのが困難な状況に陥り、レバレッジの縮小、マイナススワップの提供、当該通貨自体の取り扱い停止等を行わざる得ない状況になるでしょう。
 ほとんど負ける可能性のない、いわばおいしい状況にはありますが、ポジションはほどほどにしておいた方が無難かもしれません。USD/HKDを取り扱う業者がなくなりでもしたら元も子もありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

zmabptoglu@gmail.com

hermes uk parcel shop めざせ!投資生活 HKDのドルペッグ制
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。