スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産か?と聞いたら

債券価格をチェックしましょう!今回は、お宝ゲットできませんでしたが、超お宝債券に出会えるかもしれません。

先日のことです、

アイフルの私的整理の件の発表があった日、早速、野村にTEL、アイフルの債券価格はいくらですか?
20以下なら買いたいのですが。(最悪でも20%以上の分配はあると見ています)

このような状況なのでディラーが価格を提示していません。

では、プロミスやアコムは?(←銀行系です→倒産確率は極めて低いです)
昨日より大きく下がっているようなら買いたいのですが。

アイフルの件が落ち着くまで、ディラーは価格を提示しないとの事です。

落ち着いてしまったら、面白くもなんともありません。

相対取引はやりにくいです。

もし、市場取引だったら、結構、いい値段で仕込めたような気がしてなりません。

財務内容をチェックするのは当然ですが、倒産や倒産に類するような話で、債券価格が大きく下落したら、その債券はお宝かもしれませんよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

丁寧な回答有難う御座います

もうちょっと突っ込んで良いでしょうか?

① 【有担保ならどなたでも安い金利】 いや、そりゃまそうですし、借金といえば借金ですけど、借入金以上の担保があるのが条件でしょうから…(親と同居なので保険も入ってないです) 借り入れ金でFXと書かれていた時に、サラ金の20%前後?は無いにしても、信販会社からの15%程度の利息、悪くても10%程度の利息を想定し、その金利を上回る投資案件をお持ちなのだと思いました。 

郵便局にも担保定額貯金というのがありましたが、あの借り入れは借金とは言え、普通の借金とは異な物と今でも感じているので…
少なくとも私には担保となる物が全く無いですね(泣)

【、×××の通貨ベースで30pips程度です。これを60日で回収できるとしましょう。
 1単位目の回収が終われば、2単位目は、1単位目の利益がありますので、30日。3単位目は20日、4単位目は15日・・・・。】

リスクに対する考え方なのでしょうか? 私はこういうのって意味の無い試算だと感じているんです。

これは小枚数で始めて利益分でスプレッドをカバーできたら積み増していくという形ですよね? でも上手くいかず撤退する時は利益分は捨てる羽目になりますよね?

プラマイゼロが -1万円 となるのも、 1万円の利益が0円になるのも同じ損失1万円です。 損失が出なければ1万円と言っても痛みは感じずらいですが、実際には同じ1万の損失であり、どちらだから良いと考える事自体がナンセンスに思います。

余剰資金が0なら上記やり方しかないですが、そうでないなら儲け内の損失に収まるようにしても、投資としてお得と言う訳では無いですよね? 単純に割が良いと感じ、暫くは行けると踏んだら最初からある程度投じた方が良くないでしょうか?

最初60日、次30日。3単位目は20日、4単位目は15日とやっていてはせっかくのチャンスなのにたいして恩恵を享受できなくなってしまう。 スワップ維持が永年ならば別ですが、通常数ヶ月、長くても半年位のケースが多いでしょうから…

【私もやり方は違いますが】という違いが、一見凄く無さそうで実は大きな違いが出来るやり方だからこそ挑めるのではないでしょうか?

もし口外出来ない部分無しでやるならFXオンラインのUSD/DKK並の良案件が無いと一般人には無理だと思うのです… 私に足りないのはリスク許容度ではなく、純粋な技術力だと感じています。

応援ポチ×2

No title

ねむゴンさん
こんにちわ

 借金についてですが、私の場合、利益から生活費1.5~2か月分ぐらいを預金に廻します(利益が少なければ廻せない時もあります)。残った資金は、4分の1が再投資、4分の1が定期預金、2分の1が待機資金と言った感じでしょうか。

 したがって、市場に投入されている資金とほぼ同額の預金があることになりますが、これには手を付けないのが私のルールです。使う時は、裁定取引、TOB応募などに限られます。わざと、長期の預金にいれておいて解約しずらくしています。

 ブログとかを拝見するに結構、儲かっておられると推測していたので、担保になる預金等はお持ちと思っておりました。

 無担保での借入は、ソニーバンクで5.75%?、200万円の枠をもっています。今は少し条件が変わったようですが、以前からの顧客は変わっていません。

 ここが最安だと思います。上場企業のサラリーマンとかでしたら、ORIXとかイーバンクなどで最大限度の枠をとれる(=金利も安い)ようですが、私のような自営業社は無理なようです。

 どこまで借入金を使うかは、裁定ポジションの利回り次第です。預金担保→契約者貸付→有価証券担保→ソニーバンク→消費者金融の順番になります。

 GBPZARのように裁定ポジションで100%を超えるような案件であれば、その状態が維持されていればですが、最後まで借入枠使い切るでしょう。

 安い借入枠を持っていれば、裁定取引のチャンスが増えることは間違いありません。

 裁定取引についてですが、リスクに対する考え方や投資姿勢の違いだと思います。先日の例で言えば、

 ①60日たった時点で、含み損覚悟で新ポジションを建てる。
 ②120たった時点で、含み損にならないように新ポジションを建てる。 ③120以上経ってから最低限の利益は確保した上で新ポジションを建てる。
 ④新ポジションは建てない。

 こんな選択肢があっていいと思います。どれを選ぶかは人それぞれです。

 私の場合は、①から順次④に移行していきます。②以降の段階になれば、所詮他人のお金で稼いだ利益ですから(←この部分の感覚が私とは異なっているような気がします)、少々、利益が減ったり、なくなったりしてもかまわないという感覚です。うまく積みあがったら、他人のお金で大きな利益を得ることができます。

 自己資金で稼いだ利益であれば、違った判断になると思います。

 リスク許容度ですが、これは、足りているとか足りていないとかと言う問題ではありません。これは、人それぞれ固有のものです。

 ポジションを組む技術力は、道具にすぎません。技術力をもって、リスク許容度の範囲内に投資が収まるかどうかです。リスク許容度に納まらないのであれば、ポジションを組まなければいいだけです。ポジションを持たなければ損はしません。

 私とねむゴンさんが同じ技術を持っていたとしても、私はポジションを組むが、ねむゴンさんは組まないこともあるでしょう。それはそれでいいのだと思います。どちらが正しいかというものではありません。

 技術力を上げてポジションを組むのはいいですが、リスク許容度を上げてまでポジションを組む必要は全くありません。

 おっしゃるとおり、裁定取引では、ポジションを組む技術力が大きなウェイト占めます。しかし、私も最初から技術力を持っていたわけではありません。
 裁定取引の事を、頭の片隅においておけば、何かの時に、これは使える!というのに出会うかもしれません。これは、半分、運見たいな部分ももあると思います。でも、頭の片隅になければ、絶対に気づきません。

 もう一つ付け加えておくと、これまでは、積極的に利益を取ることを書いていましたが、防御にも使えます。

 EUR×××急落!レンジをブレイクしてしばらく戻りそうにない!

 一般の方は、放置、ナンピン、ロスカット、両建てのいづれかが選択肢ですが、裁定ポジションという選択肢もとれます。少なくとも両建てよりははるかにましな戦略になると思います。

こんにちわ~

記事じゃなくて、ねむゴンさんとのやり取りのほうが気になっちゃいました^^

すごく勉強になりました。今度、saitogonさんのいわれたレートチェックとスワップチェックをやっています!

ぽち3

No title

私も野村の3.6%劣後債にプレミアが付いていたら売っちゃおうと思って価格を聞いたら100.78でした。そんな値段なら逆に買い増そうと思って買値を聞いたら売りが出ていないんで買えませんと言われました。
今回の野村の増資前の話です。

結局、債券の価格を自分で見れるソフトを機関投資家にしか開放していないのがネックですね。機動的に動けません。証券が電話受付している時間で無いとわかりませんから。

ポチ

有難う御座いました

【儲かっておられると推測していたので】

利小損大と言いますが、自分は利中損特大といった感じなので、損部分の金額まで書くと引かれてしまいそうで… 金額は書いてなくても「大損した」とは書いてるんですが、損特大な代わりに負ける頻度は低いんです。 適当に勝っているように見えますかね(汗)

駄目トレーダーのパターンなので何とかしようとは思うものの、金への執着からか中々損切り出来ません。

定期よりはお得なので担保に出来る預金があればほぼ全て底値のUSDHKDに突っ込みます。 入れるにしても定期じゃなくて MRF か 1月経てば何時下ろしても損しない MMF にすると思います。

【ソニーバンクで5.75%?、200万円の枠をもっています。今は少し条件が変わったようです】

…となると、一般的な無担保借金の最低利息は6~7%位からという事かな。 正社員ですらない私はもっと厳しいのでしょうね。

【リスク許容度ですが、これは、足りているとか足りていないとかと言う問題ではありません。これは、人それぞれ固有のものです。】

投資にリスクを取れるかどうかとは別に何か違いがありそうですね。 上手く言えませんが、「この人とは根本的に違うな~」と言うような、良く判らないけど大きな基準差&考えの差がありそうですね。

【裁定ポジションという選択肢もとれます。少なくとも両建てよりははるかにましな戦略になると思います。】

両建て考える時には、マイナススワップではなく出来ればプラスにと誰でも考えるし、チェックもすると思います。 でも裁定ポジションとなると差損は何時までも小さくならず、そこで固めてしまうので、あくまで両建てよりマシなだけですけどね…

ところで裁定ポジション用の通貨ペアについて、【業社を何社か選定しておいて】と書かれていますが、この選定された業者に関しては秘密ですか? このスワップの歪みが生じる可能性のある会社を絞り込むのも素人にはきついと思います(しらみつぶしにやれば別ですが…) 何か基準とかありますか? 

あとFXオンラインのように異常なスワップを完全修正してしまった会社は次がある可能性は低いと思いますが、今もチェック業者の中に入れていますか?

応援ポチ×2

No title

WINさん
おはようございます。

記事方でお願いします^^

masaruさん
おはようございます

債券市場整備してほしいですね。個人的にはPTSよりこちらの方を優先してほしいです。

ねむゴンさん
おはようございます。

 余裕資金の取扱いのなどでも、投資姿勢の差が出ますね。私の場合は、定期預金に振り向けた分は、毀損させたくないので、ペッグ通過といえども、レートの変動で損失を被る可能性のあるものは投資の対象にはなりません。
 銀行預金を利用するのは、余裕のあるときに、積立定期とかをしておくことで、将来の借入(必要になるかどうかはわかりませんが)への布石を打っているつもりです。

 借入枠は、ソニーバンクができた時に作りました。最初の内は顧客がほしいので審査があまくなるのでしょう。他社ではまず無理な借入枠だと思っています。
 キャンペーンやっている時が狙い目なのはFX業社と同じですね。
 ORIXなどは、何年経っても枠も広げてくれない、金利も下げてくれません。最悪です。総量規制がはじまれば、真っ先に解約です。

 ねむゴンさんと私とでは、リスクに対する感じ方がかなり違うように思います。
 ねむゴンさんはスプレッド回収期間が短ければ、最初から全投入できるようですが、私は、たとえ回収期間が1日でも少しづつ積み上げていくタイプです(どちらがいいといったものではありませんが)。
 また、これは、一般的には、私が異質なのですが、王冠社の例で言えば、スプレッド回収期間を全く気にしないわけではありませんが、私は、最大損失がスプレッド分に固定化されたことに意義を感じる方なのです。
 3単位ポジションを組んだとして、最大損失1万円弱ですから、何のテクニックがなくてもこれぐらいなら、まずは自己資金でGOしてしまいそうです。
 うまく行けば、毎日、利益が膨らみます。途中でスワップが変わって決済することになっても最大1万円のロスです。
 あとは、埋没原価に対する考え方が異なりますね。裁定ポジションの防御利用のことを書きましたが、選択肢は、放置、ナンピン、ロスカット、両建て、裁定ポジションです。
 この段階では、レートの回復で差損が埋まるものをとるか、レートが悪くなっても損失が膨らまない方をとるかということが比較対象になるわけです。
 しかし、一度、裁定ポジションを選択であれば、レート回復による差損の回復は捨てたわけです(←埋没原価)。
 したがって、私の場合、裁定ポジションを選択した時点で、比較対象は両建て、ないし、ロスカットになります。差損の回復が見込める放置やナンピンは比較対象ではなくなります。

 FX業社の件ですが、財務内容の悪いところは除外しますが、これを探すのに、基準も何もありませんし、素人も玄人ありません。
 ただただ、シラミつぶしにやるだけです。 私の場合は、エクセル程度のプログラム能力しかないので、暇な時に、せっせとレートとスワップを入力してあぶりだしていますが、プログラム能力のある人なら、自動化されている方もいらっしゃるかもしれません。
 意地悪しているようで申し訳ありませんが、この投資については、私は、全く広めるつもりはありません。できることなら参入してほしくないのが本音です。冷たいようですが、ここから先は、ご自身の力で進んでください。
 私も、少しづつ苦労してポジションを積み上げているわけです。自ら新規参入組みを呼び込んで、それを壊すようなことをしたくないことはご理解ください。

 もし、裁定取引で毎日少しづつでも利益が出る状態になりましたら、業社や対象通貨ペアは抜きにして、報告してしてくださいね^^

 ご検討をお祈り致します。

txxdcbwj@gmail.com

hermes belt strap めざせ!投資生活 倒産か?と聞いたら
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。