スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴訟社会アメリカ

 何故、格付けが歪んでしまうのか、その根本原因は、アメリカが過度までの訴訟社会であることだと思います(最近は日本でもその傾向があります)。

 監査の例でいいますと、企業で粉飾決算が発覚すると、監査が適正に行われていたかが問題になります。粉飾の箇所がわかってから、その部分の監査ができていたかどうかを問うのは簡単なことですが、何もわからない状態から、粉飾の箇所を見つけるのは至難の業です。
 過去の監査ではは、会計士は、粉飾等を発見するために、自身の経験や経済環境、業界の特性などから、あやしいと思われる取引等をピックアップして監査をしてきたわけですが、企業取引全体から見れば、ほんの一部の取引を見ているだけですから、粉飾を必ずしも発見できるものではありません。

 しかし、実際に粉飾があって、企業が倒産、投資家が損失を被って会計士を訴えられると、「粉飾の部分を何故調査しなかったのですか?」「他にあやしいと思われる取引があったのでそちらを優先して調べたため見つけることができませんでした。」「何故、そちらの取引の方があやしいと思ったのですか?」「過去の経験や経済環境からです」
 こんなことになるのですが、監査について素人の陪しいんにそんな説明理解してもらえるでしょうか?財産を失って途方にくれている人もいます。
 実際、米国では多くの監査法人が裁判で負けて経営危機に直面することになりました。

 そこで、会計士側は、裁判で負けないために(←これが問題です。粉飾を発見するためにではありません)、統計学等を使って、取引を調査する基準を決め、事細かにマニュアルを作成しました。裁判になった時に、「我々は、これこれこういう基準にもとづいて、マニュアルに従って漏れなく監査を行った。その結果、粉飾が見つからなかったとしても、それは、我々の責任ではありません」というためにです。

 マニュアルにはそれ相応の事が調査項目に上がっていますので、それだけやって見つからないのであれば仕方ないという妙な説得力があります。特に素人に対しては。
 しかし、マニュアルの弊害として、マニュアルが一人歩きを始めます。人が考えるという作業を奪ってしまいます。マニュアル以上の事は調査しないのです。たとえ、粉飾があるとわかっていてもです。
 限られた時間の中で、マニュアル以外の事を調査した結果、粉飾を発見したとしても、マニュアルのところで粉飾があれば責任を問われます。マニュアルどおりにやっていれば、マニュアル以外の部分で粉飾があるとわかっていても責任は問われません。

 話を、格付けに戻すと、今年の3月と5月満期のGMの債券の格付けがいい例です。3月のものは大丈夫で5月のものは危ないのは、頭で考えればすぐわかります。
 しかし、マニュアルではダメなのです。マニュアルだと、長期債か短期債で分けられます。3月も5月も短期です。3月のものは実質政府保証があったわけですが、マニュアルでは、実質?なんてものはないのです。政府が書面にサインしていないのであれば保証なしとしか見ないわけです。

 もちろん、現場の担当者は、そのような事は百も承知していますが、マニュアルを逸脱できないのです。誰だって、マニュアルを逸脱した結果、責任を問われたくはありません。

 格付けも、監査も企業内容を調査することに変わりなく、また、両者とも、当初は投資家のためにという目的で行われていたのですが、今は、自らが責任をとらない為の調査になっています。

 定型業務ならマニュアルもいいのですが、格付け(監査も)は定型ではないでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

香港の介入も一服ですね。

ぽち

こんにちわ~

マニュアルの内容がばれちゃえば、それ以外のことで粉飾されたらお手上げですよね^^;
ぽち

No title

アメリカらしいですね…
そして残念ながら、日本もどんどんそうなっていくんでしょうね(+_+)

判りやすく、それでいて勉強になる良い記事だと思いました。

応援ポチ×2

No title

masaruさん
おはようございます

香港が介入していたのですね。USDHKD少しづつ積み増し中です。

WINさん
おっしゃるとおりです。でも、わかっていても、調査しません。マニュアルは網羅的に作られていて、それらをすべてやると、他の事にさく時間がないのです。
いづれ、とんでもない粉飾決算が明るみに出ると思います。

ねむゴンさん
おはようございます

お褒め頂きありがとうございます。
日本もドンドンひどくなってきています。特に監査は、監査をしているのか、裁判での抗弁のための資料を作っているのかわからない情況になりつつあります。

txxdcbwj@gmail.com

real hermes belt youtube めざせ!投資生活 訴訟社会アメリカ
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。