スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらが優れている?②

 昨日の質問、少し意地悪な質問だったのですが、重要な条件を書いていませんので、判断できないというのが答えになると思います。

 投資金額、利回り、安定性すべてにおいて①の方が優れています。しかし、どれだけのリスクをとったかが明示されていません。とったリスクがはっきりしていない以上、投資行動の優劣のつけようがないわけです。

 私の場合ですと、債券は回収までの期間が長いので、月々の収入は先物オプションで得ています。しかし、安定感・安心感は債券運用の方がはるかに上です。現状では、余裕資金ができれば、先物オプションに廻すのではなく、債券に廻します。

 投資の世界では、結果がすべてではありません。結果として儲かったからいいのか?決してそうではありません。リスクに見合うリターンが得られたかどうかです。高いリスクをとって少しのリターンしか得ていない場合、一時的に儲かっていたとしても、いつかはやられます。必ず。

 また、勝つ確率の高い投資であったかどうかも重要です。投資に100%はないですから、どんなに確率の高い投資をしても負ける時はあります。その負けが運が悪かったと言えるかのかどうかです。別の言い方をすれば、勝った時に、勝つべくして勝ったと言えるかです。運良く勝ったという状況では、最終的には生き残れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分ではリスク管理など自分なりにやっているつもりだし、リスクとリターンも自分なりに考えているつもりですが、saitodonさんくらい巣の投資家からみたらめちゃくちゃ甘ちゃんだとは思っています^^;

ですから、FXなどのリスクが高い資産運用には1割以下しか資産を廻していません
ぽち

No title

まあ、保有資産の関係でリスクを取らざるを得ない場合もあります。私の場合1000万円なら安心できる方を取りますね。

ぽち

No title

WINさん
おはようございます。

これは、リスク管理の話ではありません。リスクを定量化できるかどうかは別にして、例えば、ドル円えお100円で買うという投資を考えます。利確は101円、ロスカット99円に設定した場合、101円になる確率と99円になる確率が50:50であれば、リスクに見合ったリターンが得られていないということです。70:30ならば投資に見合いますが、70:30と想定する根拠がしっかりしていることが必要です。その根拠さえしっかりしているのであれば、結果が30の方であっても決して悪い投資ではありません。

masaruさん
おはようございます

私は、全体の資金が少額の間は、ローリスク。資金が増えてくれば一部をハイリスク運用に廻します。

txxdcbwj@gmail.com

pre owned hermes bags for sale めざせ!投資生活 どちらが優れている?②

txxdcbwj@gmail.com

black hermes leather bracelet めざせ!投資生活 どちらが優れている?②
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。