スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替介入が非難される訳

 藤井大臣の発言等で話題になっている為替介入ですが、私は基本的に介入には反対の立場です。

 為替介入が非難される理由については、ずっと以前に国ごとの関係で例を示しましたが、今回は1国の中での例を示します。


海外 ---→ A社 ---→ B社 ---→ 海外
   10$で仕入   150円で売上   20$で売上

当初、1$=100円

であったとします。

当初の為替レートでは、A社の利益 50円 B社の利益 50円 全体利益 100円 です。

では、円高になって、1$=80円となったらどうでしょうか?

A社の利益 70円 B社の利益 10円 全体の利益 80円 です。

国全体で見れば20円利益が減っています。これでは、国益を損なうので、為替介入していいのでしょうか?

B社はいいかもしれませんが、輸入業社であるA社は、為替介入で利益が失われます。

A社にとってみれば、国に無理やりお金を持っていかれており、為替市場を介した泥棒にあったようなものです。

私有財産を認める資本主義社会においては、許される行為でないことは明白です。

もし、介入するのであれば、A社に対して相応の手当てをする必要があるでしょう。

少なくともB社には課税して、A社に補填する必要があるでしょう。そのようにしても、介入前に比べれば、B社も全体の利益も増加し、A社の利益はかわりません。

仮に、介入によって1$=100円に戻した場合ですと、Aは、50円+(70円-50円)=70、B社は、50-(70円-50円)=30円 全体 100円。このようにしないとA社はやってられません。

ただ、実際には介入の効果がどれほどであったかは算定することが困難ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これらの話は世界がどこも介入しなければと言う話だと思います。

調べてはいませんがスイスでもその種の処置はしていないでしょう。

基本的に輸入業者は時間にディレーはあるにせよ価格に転嫁できる場合が多いという面もあります。

まあ、米国債を買う是非はありますが、トータルで考えれば円安が良いと考えています。主に、雇用の観点から。

輸出依存の貿易構造を是正した上で円高容認なら経済界も対応できますが。まあ為替予約があまりにも脆弱なのも問題ですけど。

ぽち3

No title

masaruさん

自己責任で取引させておいて、介入をするのはいい事ではないと思っています。相場の急変動に対応するための介入は止む得ないところはあると思います。

txxdcbwj@gmail.com

hermes uk logistics めざせ!投資生活 為替介入が非難される訳
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。