スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式市場の闇②

 新聞記事等で、「会社が自社株の発表をして株価が上がった」なんて記事がよくあるのですが、皆さんは、本当に自社株を市場で買っているとお思いでしょうか?

 もちろん、きちんと市場で自社株を勝っている場合もありますが、発表だけでほとんど実行されなかったり、買ってはいるのですが、市場外で買われているケースがあります。

 この市場外というものが、まさしく闇の部分です。

 ホリエモンが日本放送を買収しようとした時に、TOBという方法を使わずに、株を取得した方法です。

 この時も、ホリエモンと株を売った外資が事前に申し合わせていた(実質相対取引)といった、本質からづれた議論がなされていました。この市場、機関投資家のクロス売買等が行われるのですが、そんな大口の取引、基本的に申し合わせているに決まっています。最大の問題は、このような市場の存在そのものなのです。

 この市場の困ったところ(使う側にとってはメリット)は市場外のため一般投資家が参加できないにもかかわらず、市場での売買と同等に扱われることです。相対ですと価格の算定等のややこしい問題が生じますがここでは生じません。あくまでも市場取引と動揺に扱われます。そして、売りたい(買いたい)相手に株を移すことが可能なわけです。
 また、市場外ですから、実際の市場の価格とは異なった価格で売買されても問題はないわけで(あまりに逸脱すると問題ありですが)、自分たちの好きな価格で売買できてしまいます。それでも市場取引と同様に扱われます。

 A社が、業績の悪化等で持合関係にあるB社株を手放す必要が生じたとします。B社にとっては、どこの誰かわからない人に株を持たれるのを嫌います。以前であれば、B社が、買い手を(大抵は仕入先や関係会社)探してきて市場外で売買していましたが、自社株買いが解禁になってからは、B社自体が買い手になることもあります。
  自社株買いしますといいながら、単に持合株を市場外で引き取るだけのものもあるわけです。こんな自社株買いでは、需給は全く良くならないわけですから一般投資家にとっては、自社株買いでもなんでもありません。需給が良くなると思って買った一般投資家はいい迷惑です。一般投資家にとっては風説の流布に等しい行為です。

  証券会社の言い分は、この市場がなくなると、大口の売りが出た時に株式市場に悪影響があるということらしいですが、市場外で大量の売りだけがあれば、時間差はあるにしろ、その情報は流れますので、市場で売り注文を出したとしても株式市場に与えるインパクトは同じはずです。むしろ、そうした売りがあることを容易に知ることができるので市場で売買させて方がいいに決まっています。

 この市場外という市場、彼らが好き勝手にできる市場です。早くなくしてしまう必要があるでしょう。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

他の先進国ではどのようになっているのでしょうか?

ぽち

No title

最初の文は自社株買いのことですね。

どこで行うか明記するべきですね。

ぽち3

No title

WINさん
おはようございます。

他の国のことは調べていないのでわからなのですが、米国とかはないと思います。以前記事にしましたが、特定の証券会社に0.1秒?情報を早く配信したことが大問題になる国です。機会平等に関しては徹底しています。

masaruさん
おはようございます

一般の市場取引で買わないのであれば、その旨、公表すべきだと思いますね。

txxdcbwj@gmail.com

hermes ulm めざせ!投資生活 株式市場の闇②

txxdcbwj@gmail.com

hermes handbag birkin price めざせ!投資生活 株式市場の闇②
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。