スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤った税金対策③

 昨日の補足です。

 取引内容の説明が十分でありませんでした。

 ①まず、売り買い同時に両建てする
 ②年末に、損の出ている方を決済。この際、決済したものと同じ売買方向に新規建てして両建てを維持。
 ③翌年に、両建てを決済

 ②の部分の説明が十分でありませんでした。

 要は、買いで損失、売りで利益の場合、買いを決済して、実現損を計上するのと同時に、新たに買いを建てて両建てを維持するような手法です。
 
 このように、年度末を未決済の両建てポジションで繰り越す場合について、セントラルFXのHPのものを抜粋しておきます(税法かいても読むの大変です)。

以下、セントラルFXより

 「両建て」の場合
外国為替取引では、反対売買ポジションが成立した時点で取引差損益は確定するため、例え年末時点で「両建て」されている売買ポジションであったとしても、課税額に通算しなければなりません。

「両建て」指定されているポジションは、取引システムの中でも確認できますが、前項(2)の方法で決済組合わせが確定した後、残りのポジションで買いと売りが残っている場合は、「両建て」になっていると考えられます。

この場合、日計り優先ファーストインファーストアウトのルールで決済組合わせを確定し、取引損益を算出の上、課税額に通算してください。また、この方法で前年分に計上した差損益は、本年度分に通算してください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

saitodon様。

説明、ありがとうございました。半分納得です。

セントラルFXの年間収支報告書が気になります。

これがダメなら、今はやりの両建てトラップリピートが引っかかりそうな気が...

また、「売り」「買い」を別の業者でやれば問題なしと理解しましたが、いかかがでしょう?

自分でもちょっと調べてみますね。

ポチ3。

No title

おぉ!更に分かりやすい説明♪
ふららさんの書かれているように、トラリピの場合は計算が難しそうですね
ぽち3

No title

セントラルの規定の場合、複数ポジションを保有し決済した時に、対象決済ポジションを指定しない決済方法がある為の者のようです。

これは翌年に確定したものを採用する旨書かれているので、決済ポジションを投資家が指定できる業者の場合は必然、自分の意図したものが翌年に計上されますから一致しますね。

今回の記事に書かれたケースでも、明確に建て対象を指定して決済できる場合はコントロールできるように思えます。

同項(1)も含め、これは年間最終売買日(あるいは最終売買日でなくとも決済が来年にのびるケース)に取引した場合のことに限定して書いています。

セントラルの説明は①課税が今年になるか来年になるか②組み合わせ指定しない決済方法はどうなるかを明記したものと考えます。

ぽち3

ぽち3

||ポン・ドカン|| です!

こんにちは、ポン・ドカンと申します。初めましてです。
ブログいつも興味しんしんで見てます。

本日は挨拶のみですが、また遊びにきます!
応援ぽっち。。。

No title

セントラルFXに電話してみました。

>本年度分に通算してください
来年度分でも、どっちでも良いそうです。
つまり年間収支報告書通りで良いと。
なんじゃそりゃ。

で問題の「両建て税金対策」ですが、
ルールが確定していない為、税務署職員により判断が分かれるそうです。

うーん。まいった。
やはり、あからさまにやるのは問題かもしれませんね。

勉強になりました。

No title

ふらら さん
WIN さん
masaru さん
ポン・ドカンさん

コメントありがとうございます。
国税の友人に確認してきましたので、明日の記事を見てください。

ちなみに、トラ・リピは絶対に大丈夫だと思います。
最初から、両建てで入る方法は危険なようです。
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。