スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者アドバイス 2

 昨日書いた事の意味ですが、

 スワップを受取る方にポジションを取る人の意見で多いのが、「相場が反対に動いたとしても、スワップを受取れるので・・・」

 「相場が反対に動いたとしても」、恐ろしいですね。
 相場の方向性に対する自信のなさが端的に示されています。スワップをあてにした安易なポジション取りと言ってもいいでしょう。

 相場の方向に対して自信がないならポジション持ってはいけません!

 ポジションを持つ際は、勝てる自信?確信?信念?と言ったものがあって当然です(実際に勝てるかどうかは別問題ですが)

 スワップを支払う方向にポジションを建てて、相場観をやしなってください。スワップを支払う以上、自分の思った方向に相場が動かない限り絶対に勝てません。

 スワップを支払う方向にポジションを持つことで

 ①ポジションを建てるのが相当慎重になるでしょう(安易なポジション取りはしない)。
 ②利確ポイント、損きりポイントを事前に決めておくようになるでしょう(毎日スワップを取られるので、だらだら、持ち続けることはできません)。
 ③スワップを受取るポジションを持っていても、手仕舞いが容易にできるようになるでしょう(今日はスワップ3倍デーだからあと1日持ち越そうなんて思わなくなる)。

 注意点は、②.ポジションを建てる際に、利確ポイント、損きりポイントは決めておいてください。決めておかないと、スワップの支払を恐れて薄利で利確したり、いつまでもだらだらとポジションを持ってしまって為替差損+マイナススワップが大きくなります。

 次回は、

 周知されている事実は価格に折り込まれている(スワップに惑わされるな)!

 の予定です。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕は常にスワップを受け取る方向に取ります。そちらの方向に期待の持てる安値で買います。とか言って我慢するのは至難です。

No title

短期トレードならS持てるようになりました
ただ、超長期の積み立て外貨預金感覚の運用はどうしてもプラススワップに目が奪われます

No title

masaruさん
安値まで待たない(待てない)人が多いです。

WINさん
Sできるようになれば、かなりの進歩ですね。S側の気持ちが見えてきます。そうなるとL側の勝率も格段に向上します。Sしたくなるようなところでは、Lを決済するでしょうし、Sを決済したいと思うようなところでは、短期のLも取れると思います。
Sだと短期急落を望むでしょ。引き付けて引き付けてSして、急落。Lの人たちが、投売りするところで買戻しが最高です。Lの人たちが投売りするところが、Lの仕掛けどころでもあります。
長期はスワップを受取る方向で当然です。問題はどのタイミングでポジるかです。
長期で持つから、スワップが含み損を相殺してくれるという感覚でポジる人は大抵負けます。
長期であるからこそ、これ以上、下がらないと思えるようなところでポジる必要があります。
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。