スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者アドバイス 5

 参考になるかどうかわかりませんが、今日は実戦例を書いて見ます。帳簿調べるの面倒なので、細かなことはパスします。

 7月中ごろ、クリック証券のキャンペーン条件満たすための取引です。

 当時は、ドル円で88円を割込んで、87円近辺でもみ合っていたかに記憶しています。

 USDJPYショートを87円ぐらいでエントリーしたと思います。ただ、これは、妻の口座と合わせて10回の取引を強制されているので行った取引で、通常ならやりません。普通であれば、88円近辺まで待っていると思います。夜中はわかりませんが、88円前後まで持っていかれたかと思います。
 私は、基本的に5段構え、87円 1、87.5円 1 、88円 2 88.5円 4 89円 8 の段取りです。
 決済は、仮に89円まで約定していれば、88.5円 8、88円 4、87.5円 2 87円 1 残りの1は気分しだい。途中で、上下動があれば、トラップトレードのようなことをやります。

 この時は、1,1,2まで約定して、途中、87と87.5が何回かあったので、トレード条件は達成。最後の1単位は86円ぐらいで決済したと思います。

 では、何故、USDJPYショートを選択したか?
 ①88円を割ったことで、下落トレンドにあると判断
 ②USD、JPYともに金利上昇の可能性は低く、ほぼ0金利状態で下げ余地が限られている=他の通貨ペアに比べてスワップ変動リスクが低い。狙いは為替差益。
 ③スプレッドが小さく取引コストが低い

 何故、88円(実際は87円で仕掛けているが)どころで売りたいか
 ①抵抗帯であった88円を割ったことで、88円どころには戻り待ちの売りが控えている。
 ②ここを大きく超えるようならば、そもそも88円割らなかったと思われる。

 ロスカットはおいていたか?
 ①ストップロスをあらかじめ入れておくことは滅多にしないが、89.5円まであれば、88円割れはダマシと判断して、適当なところでポジションをクローズしていたと思う(下落トレンドの判断が間違っていた)。ただ、取引時点では、88円を大きくこえる可能性は極めて低いと判断している

 何故、86円で最終手仕舞いしたか?
 ①スワップショートのポジションを持っていると、大きく下落した時にポジションをクローズしたくなる(というか短期急落を狙って仕掛けている→この意味において、87円で仕掛けたことはいいことではないと思う)。短期急落した時は、ポジションクローズのチャンス。価格の問題ではない。たしか、月末に大きく円高に振れたように記憶している。

 こんな感じでしょうか。参考になればいいのですが。

次回は、スワップロングの例を書こうかと思います。

 これまで、書いた事に反するかもしれませんが、私の持っている、ノーヘッジのスワップポジション(例外と思ってください)の生成過程をご紹介致します。
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

saitodonさんがマーチン入れるとは想像外でした
記事内容を見て判断する限り、大きな節目を越えたときは勝負時というスタンスなんでしょうか?

ということは、現状で考えるなら、ドルの80円割れは大商いでしょうか?

ドルは最安値がちかいのでユロの105円割れでもいいのでご教授お願いします

No title

 WINさん
 説明がまずかったですかね。マーチンという理解をされると困ります。全く違います。手法か入らないでください。相場観があっての取引手法です。次回の記事でもう少し丁寧に書きます。
 ご質問の件ですが、USDJPYやEURJPYが下落トレンドにあると判断していることが大前提です。
 その上で、USDJPYの80円、EURJPYの105円が抵抗帯であるかどうかの確認が先決です。抵抗帯なら1度や2度はそこで跳ね返されるはずです。あっさり割るようでは抵抗帯ではありません。巷でどのよう言われていようが、実際にその価格に接近した時の値動きを見なければ、抵抗帯かどうか判断できません。
 仮に3度目に割ってきたら、そこで仕掛ける方もいると思いますが、私は仕掛けません。抵抗帯に溜まっているストップロスを食った後に反転することもあります。
 EURJPYで、仮に105円で何度か反発し、抵抗帯であると判断した。次に105円を割った後、数日様子を見て、持ち上げる動きがなく、104円とか103円とかでもみ合っている。その後105円に接近すれば、売りを考えます(105円を割った時にストップロスを入れなかったEURJPYロングのポジションの戻り売りが相当数残っているとの判断)。
 もみ合った後、105円に接近してこなかったら、今回はご縁がなかったと言うことで諦めです。
 103円や104円で止まらずに、95円まで行ってしまったら、たとえその後戻っても仕掛けません(105円を割った時にストップを入れなかった人も、ロスカットしている可能性が高い。もしくは、ナンピンを入れていたりして、戻り売りのポイントが読みづらい)。
 私の場合は、FXは主力ではないので、この程度しかできませんが、FXを主力にして、相場を見ているのであれば、105割れで仕掛けてみてもいいと思います。場を見ていれば、持ち上げられそうになった時に逃げれます。そのまま急落すれば最高に美味しく、もみ合いに入れば、一度ポジションクローズです。もみ合いから、再度、下落するようであれば、前回ポジションをクローズした時の利益があるので、数量を少し減らしてポジションを取り直してもいいと思います。
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。