スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSK

 金曜日は、CSK株ストップ高して500円で引けています。私がブログで紹介したから?そんなわけはないですね。私が紹介したのは転換社債の方ですから。
 CSKは前期大幅な赤字、当期予想も赤字ではないものの特筆すべき数字ではありません。1株あたり純資産も200円そこそこですから、普通に考えればこの価格は高すぎます。では、金曜日は、何故ストップ高したのでしょう?インサイダー的な情報が漏れていたのでしょうか?このような時には、CSKのように転換社債も発行している場合には、株価と転換社債の価格の両方を見ておく必要があります。株価は後場直後からストップ張り付きでしたが、転換社債のほうは、前日変わらずです。値幅は小さかったですが、額面1000万円を超える売り買いの応酬でした。ここから、見えることは、今回の株価上昇は、短期的な需給要因の可能性が高いということです。
 では、割高だと考えている株の空売りを仕掛けたのかというと、そんな事はしていません(月曜日には少し空売りますが)。インサイダー情報が漏れていても困りますし、短期的な需給要因だとしても1,000円まで行く可能性もあります。今回、私がとった行動は、またまた転換社債を買い増してしまいました。このヘッジのために、月曜日に少量の空売りを入れます。
 ここで、重要なことは、転換社債を買い増した理由です。株価がストップ高しているのに、転換社債が上がっておらず、出遅れている(株より割安)というような判断ではありません。
 転換社債ならすでに十分過ぎるほど買っていますので、少々のことでは買い増す必要はありません。では、何故、今回、買い増したかというと、この株価であれば、空売りのヘッジを入れても十分利益が見込まれること、さらに、場合によっては、転換社債も空売りも両方利益になるかもしれないということです。要するに、この株価であれば、私が想定しているすべての状況において利益になると考えたからです。
 具体的に言えば、額面100万円の転換社債を31万円で買ったとします。これに対して、500円で200株の空売りを入れれば、10万円分ヘッジされます。この会社が倒産したとしても、20%程度の配当があれば元はとれます(実際は、配当はもっとあると思いますので、ノーヘッジでも買える水準だと思いますが)。業績が上向いて、株価が1,000円になったとしても、空売りのロスは10万円、倒産の可能性がなくなれば、転換社債の理論値は、90万円弱程度なので、差し引き50万弱の利益(株価2500円程度までは利益です)。もっともおいしいパターンは、株価が下落して転換社債の価格が理論値に戻るパターン。決算発表での社長の「資本増強の検討中」との発言からも、もっともおいしいパターンになる可能性が、現時点では一番高そうです。
 今の株価なら、ヘッジの株数の調整をうまくやれば、ほとんどの場合において利益になるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。