スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリンジャーバンドスクウィーズ

 ボリンジャーバンドというテクニカル指標そのものについては、各人で調べて頂くとして、ボリンジャーバンドを用いた投資手法の1つに「ボリンジャーバンドスクウィーズ」なるものがあります。

 ボリンジャーバンドの+2σとー2σ(別に+σと-σでもいいです)の差は、相場の変動に合わせて拡大したり縮小したりしますが、ボリンジャーバンドスクウィーズは、両者の差が縮小した時に仕掛けます。

 何を仕掛けるのか、コールオプションとプットオプションの買いです(ロングストラドル)。両者の差が縮小したのだから、これからは拡大する(=相場がどちらかの報告に大きく振れる)という読みです。
いわゆる、相場が煮詰まったと言う状態でしょうか。

 今、日経平均のボリンジャーバンドの+2σとー2σ差は相当縮小しています(オプションの売り方は縮小する過程が一番おいしいのです)。どちらかに大きく振れる可能性が高まっているのかもしれません。

 何度も書いていますが、私は、相場の方向を予測するような取引はしていません。動いたらそれに対応するだけです。したがって、取引手法を紹介はしていますが、過去にそのような取引をしていたというだけで今もやっているわけではありません。ボリンジャーバンドスクウィーズもその一つです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結局、材料で何らかの変化はあるので、」細い範囲に収まり続けるわけには行きませんからね。

ぽち3

No title

masaruさん
おはようございます。

必ず動きますが、オプションの買いの場合は、いつ動くかが大問題です。
プロフィール

saitodon

Author:saitodon
めざせ!投資生活へようこそ。
職業 会計士
年齢 40代
性別 男
居住地 関西
ランキングの応援よろしくお願い致します。↓

Lc.ツリーリンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
証券口座
225先物・商品先物
CFD口座
クリック365・大証FX
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
口座開設2
口座開設3
口座開設4
口座開設5
FX取引
比較サイト
アフェリエイトサイト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。